社内不倫を行った40代部長と20代の可愛い女性社員

いつの時代も無くならない不倫という文化。

様々な男女が働く企業の中にも不倫という文化は息を潜めて存在しています。

私の働いている職場でも社内不倫を行っている男女がいました。

男性社員は部長職の40代で家庭を持っており、女性の方は入社2年目の20代一般社員で、見た目がとても可愛く男性社員から人気の女性でした。

初めてこの2人の不倫関係が明るみに出たのは、会社の忘年会の時です。

この2人は忘年会の後の2次会まで参加したのですが、女性社員の家が遠方だったため、終電が無くなってしまいました。

そこで部長がホテルを探してやると言い、2人で探しに行ってしまいました。

残った一部若手メンバーでラーメンを食べることになり、付近でラーメン屋を探している最中に、ラブホテルへ足を運んでいく2人の姿を目撃したそうです。

この一件以来、社内の若手社員の間では2人が不倫関係になっているという噂が広まりました。

お互いの行動をチェックしていると、女性社員が有休で休んでいる日に、その部長は直行直帰で会社には来ない予定になっていたり、終業後に会社の裏手の駐車場で女性社員が部長の車に乗って一緒に帰っているのを目撃する社員がいたりと、2人の関係が異常に親密であることがどんどん明るみに出てきました。

しかも社内でのその女性社員の扱い方が特別扱いで、ミスをしても怒らないし、手間取っている作業では部長が直々にフォローするといった態度です。

元々男気があり、部下からの人望が厚い部長でしたが、女性社員のヒロインとでも言えるような綺麗どころの女性と不倫関係にあるということで、若手男性社員達は内心物凄い反発心があったようです。

それに伴って、若手男性社員を中心に徐々に部長から人望が無くなっていきました。

部長の言う言葉に重みが無くなってきたらしく、何を言われても、「不倫しているお前に言われたくない」という心理になっていったそうです。

徐々に2人の不倫関係についての噂が広がり、ついには社内上層部にも情報が流れていきました。

結果として、翌年の人事で部長は他の地方エリアの支店へと転勤になってしまうと共に、所属部署も変わってしまい、営業系の職種から、どちらかと言うと事務系の職種に新しく配属されました。

不倫関係が原因かどうかは分かりませんが、上層部に不倫の話が入っていたことを考えると、少なからずその影響がある人事だと推測できます。

社内不倫はどこの会社でも密かに行われる可能性があるかと思いますが、やはりそれなりのリスクが伴います。

今回の一件で、この部長は部下からの人望と、その支店での地位が一瞬で崩壊してしまいました。

しかも転勤ということで、家族とも離ればなれの単身赴任での異動です。

結局一時の感情で不倫を行っても、結婚に辿り着けない以上、ゴールはありませんし、関係が明るみに出れば、職場での信頼の崩壊、そして家庭崩壊を起こしてしまう、とてもハイリスクな行為です。

確かにマンネリ化した夫婦関係の中にいる男性にとって、若くて綺麗な女性は魅力的ですが、誰も不幸にしないために健全な生活を送るべきだと、私は思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です