若い女性が職場の上司と社内不倫するメリットと注意点は?

職場の上司は基本的に既婚者が多いですが、仕事が出来て人間性も優れていると既婚者でも憧れてしまいます。それにより恋愛感情が芽生えてしまい不倫をしてしまうケースもよくあります。職場の上司と不倫するのは社内不倫という形になりますが、メリットになる点と注意しなければいけない点があります。そこで若い女性が社内不倫をするとメリットになる点と注意しなければいけない点を挙げていきましょう。

連絡が取りやすいのがメリット

若い女性が既婚男性と不倫をする時はメールやLINEなどで連絡を取りますが、スマホに不倫をしている履歴が残ってしまうので常に警戒しなければいけません。それによりストレスが溜まりやすくなりますが、職場の上司と社内不倫をしている時は会社で連絡を取れるのでメールやLINEを使用する頻度も少なくなります。スマホに不倫をしている履歴も残らないのでストレスも溜まりません。職場の上司と社内不倫をしていると連絡を取りやすくなるのがメリットになります。

職場にいるのが楽しくなるのがメリット

職場にいる時は面倒な人間関係があるので基本的には楽しくありません。早く帰りたいと思っている人も多いですが、職場の上司と社内不倫をしている時は会社に行けば上司と常に顔を合わせるので楽しくなります。会社にいるのが楽しくなると仕事もやる気が出てくるので毎日が充実してきます。職場の上司と社内不倫をしていると職場にいるのが楽しくなるのもメリットになります。

会社で優遇してもらえるのがメリット

職場の上司と不倫をしていると会社で重要な仕事を任されるなど優遇してもらえるようになります。また出世もしやすくなるので収入が増えて充実した生活を送れるようになります。仕事の悩みなども相談すれば優先的にアドバイスをしてくれるので。職場の上司と社内不倫をしていると会社で優遇してもらえるのもメリットになります。

名前の呼び方には注意

職場の上司を呼ぶ時は課長や部長など役職付けやさん付けで呼んだりするのが基本ですが、社内不倫をしている時は下の名前で呼んでしまいやすくなります。二人きりの時は問題ありませんが、会社の中で職場の上司を下の名前で呼んでしまうと他の人に深い関係になっていると思われてしまいます。それにより社内不倫をしているとバレてしまう可能性もあるので会社の中で職場の上司を呼ぶ時には名前の呼び方に注意しましょう。

退社する時間や有休の取り方には注意

職場の上司と社内不倫をしていると同じ時間に退社したり同じ日に有休を取るようになります。しかしいつも同じ時間に退社したり同じ日に有休を取っていると他の人に深い関係になっていると思われてしまいます。それで社内不倫をしているとバレてしまう可能性もあるので退社する時間や有休の取り方には注意しましょう。

若い女性が職場の上司と社内不倫するメリットと注意点はこのようにあるので実際に社内不倫をしている人は参考にしてみるといいでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です